気持ちを新たに迎える新生活 vol.1

~キッチングッズを新調して、心地よく過ごそう~

・使い捨てのキッチン雑貨を見直して、ストレスフリーに
春は心機一転、挑戦したい趣味や習慣をスタートしやすい季節。
特別なことをしなくても、暮らしの些細なところに少しこだわってみるだけで、いつもと違った気分が味わえるかも。
 まずは、家の中で時間を過ごすことの多いキッチンに、新しいアイテムを取り入れてみませんか。キッチングッズは使い捨てが多いですが、繰り返し洗って使える万能な商品をピックアップしました!見た目も可愛くて、環境にもやさしい、頼りになるアイテムです。

〜お弁当箱やお皿の代わりにもなる天然のラップ〜

ミツロウラップは一般的なラップと異なり、プラスチックではなく主にミツロウとオーガニックコットンといった天然素材でつくられています。器に入れて上からかぶせる、使いきれなかった野菜をそのまま包むなど、手の温もりであたためるとどんな形にもフィット。
密着性だけでなく、ミツロウがもつ天然の抗菌性と保存性があるので、食べものの鮮度を保てます。おにぎやサンドイッチを包んで持ち歩いだり、その包みをそのままお皿代わりにしたり、用途はさまざま。ミツロウが熱に弱いため、残念ながら電子レンジは不可ですが、洗って繰り返し使えるので、すぐ使っては捨てているラップと違って余計なゴミも減らせます。気分にあわせてサイズや色を選んでみて。
◆商品はこちら
 
 

〜さささっと何役もこなしてくれる家事仕事の万能布〜

拭く、絞る、蒸す、濾す、包む、敷く。キッチンペーパー以上に何役もこなしてくれる晒し(さらし)は、吸水性がよく、繰り返し使えるので経済的にもGOOD100年以上続く大阪の老舗メーカー・武田晒工場の和晒は、大きな釜に生地をつめて数日間かけて焚くという昔ながらの製法でつくられます。
 
柔らかくて、洗ってすぐに再利用できるので、キッチン周りを掃除するクロス、コーヒーのペーパーフィルターとしても最適。野菜の水切り、出汁を濾すとき、蒸し器やせいろに敷いても便利。布一枚が巧みにいろんな場所で大活躍します。
1ロールがたっぷり7mあるので、専用のホルダーと一緒にキッチンに置いておくのがオススメです。
◆商品はこちら